読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



欲動

 先日*1、書店開業についてメールで問い合わせた取次G社のSさんより、電話。
 G社は「発売日などを気にしない絵本専門店などとの取引が多く、買い切り扱いの取次で、8掛け。新刊配本はできない」とのこと。雑誌もほとんど扱いがない、と。
 「子どもの文化普及協会」とよく似た営業形態の取次だった。
 Sさんもやはり「書店業界はキビシイので、新規開業はお勧めしない」とのお話。ただ、いろいろと相談には乗っていただけそう。詳細な資料をまたメールで送ってもらえそう。

 それにしても、まったく、書店開業に向けての「希望」というものが見出せない。
 開業にまつわる「欲動」みたいなのが、どんどん萎えてくるのを感じる。

copyright © たられば書店 Tararebabooks.