読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



「夢がひろがる」、と妻は言った。

 1時AM前、終電で帰ってきた妻に、ぼくは言った。
「もう、物件探しは、これ以上やっても同じかなと思う。どこの不動産屋に行っても、同じ物件を紹介されるし、それで、ぼくは、もう本町の『古民家』か、旭区の『ぐりーんまん』しかないって思ってるんやけど、どう思う?」
 妻は少し笑って、
「でも、『ぐりーんまん』は旭区やん。守口でやりたいんやろ。だったら、もう『古民家』しかないやん」
「そっか(そう思ってくれてたんだ、やっぱり)。ただ、本屋をやりたいわけじゃないしな。人が集まれんと意味がない。でも、お金(家賃・リノベーション)の面が気になるんよな、やっぱり。そこがネック。でも、『古民家』しかないかな、やっぱり」と、ぼく。
あそこやったら、夢がひろがる」と妻。

 物件、とりあえず、ぼくと妻のなかでは、決まりつつある夜だった。
 とりあえず、メモ程度に更新。

copyright © たられば書店 Tararebabooks.