読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



起業家

 きょうで、9月も最終日。
 朝、7時すぎ、起床。ものすごい怖い夢で目が覚めた。…が、内容はほとんど覚えていない。
 8時前、妻と息子を見送って、洗濯、掃除など。10時に、K不動産、物件内覧。担当のIさんとともに、西郷通と旭区高殿(こちらは、外観のみ)の物件を車で回る。旭区まで行ったせいで、行き帰りのIさんの車のなかでのトークに少々困る。「起業される」「一攫千金」など、いわゆる「起業家」として見られていることに、なんとなく申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
 ぼくは、本屋を始めよう、としているけれど、「起業」という単語とは縁遠い気がしているから。
 昼前に帰宅。13時すぎ、昨日から、電話とネットが使えなくなっているeo光のサポート担当の人が来宅。午前中、電話があり、我が家の不具合は「遠隔操作などでは対応できない事象であり、直接お宅にお伺いしたい」ということだった。まず、マンション1Fにある「親機」の方を見に行かれたところ、その機械のうち、我が家の「ポート」にエラーが発生していたらしく(暑さと埃のため)、再度来宅され、「別のポートに替えたので、VDSLランプが点灯していると思いますが」と、モデムを見たら、たしかに点灯しており、電話もネットもあっという間につながっていた。サポート担当の人は、午前中は、京都・右京区に行っていたらしく、1日100kmの移動などザラなどだそうだ。
 ネットがつながったので、さっそく昨夜(ゆうべ)書いておいた、この開業日誌をUP。それから、パソコンで、週末に予定しているK工務店との打ち合わせに使う資料を作成。あっという間に17時前で、慌てて息子のお迎えに。

copyright © たられば書店 Tararebabooks.