読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



はやく良くなれ

 昨日、リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」で見つけたW社と、妻が見つけてくれたH社に、問い合わせするも、どちらも担当者不在&電話がつながらず。
 午後、M不動産のYさんから電話。今月末に予定していた賃貸契約締結が、K工務店の見積もり結果が2週間延びたせいでできなくなり、契約を延長して欲しいとお願いした件、大家さんから反応があり、「それでもかまわない」とのこと。ただし、近日中に、家賃の1ヶ月分を払って、「正式な申込をしてもらえるといい」と言われたと。いよいよお金が発生するのかと思うと、ちょっと緊張。
 結局、W社からは、夜になって折り返し電話がかかってきて、12/1(月)、午前中に現地調査をしてもらうことになった。
 電話がつながらなかったH社には、メールで問い合わせしていたら、夜遅くに返信が届いて、「2015年春の開業というスケジュールでは、弊社の予定が混んでおりましてお受けできない状況です」とな。残念。でも、2015年春じゃなかったら良いのだろうか、いつだったら良いのだろうか、と思い、もう一度、返信。

 夜、息子が眠ってから、妻と、いろいろと話。
 妻、体調が悪いようだ。はやく良くなれ。

copyright © たられば書店 Tararebabooks.