読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



工務店探し

 きょうもパラパラと雨。
 昨日*1、古民家のリノベーションの見積もりが、さらに2週間延びるとK工務店のTさんから言われてしまったこと、それから、やっぱり、「相見積もり(あいみつ)」を取る必要があるだろうとも思い、リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」を使って、業者を紹介してもらう。さっそく10社ぐらいからメールが届いた。
 あと、妻も、良い感じのH工務店を見つけてくれた。
 明日、さっそく電話やメールで問い合わせてみよう。

 週末の「これからの本屋講座」のための、課題「自分のやりたい(かもしれない)『本屋』のイメージ」に取りかかり、夜にメーリングリストに送信。
 つくったPDFファイルが重すぎて、gmailでは送れず、何度もやり直すが無理で、結局、Googleドライブにファイルをアップロードし、そのリンクを貼り付けたメールを送信した。

copyright © たられば書店 Tararebabooks.