読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



大家さんからの反応

 朝、8時起床。
 午前中、昨日電話で問い合わせた取次F社のNさんより電話。
 やはり「立地」そして「売上見込み」に難があるということで、「もう少し検討されてからまたご連絡いただきたい」とていねいなお断り。

 夕方、M不動産のYさんより電話あり、「大家さんから、開こうとされている書店のプランのようなものを見たい、というご希望を伺ってます。何かすでに用意されているものがあればそれでもいいですし、なければ、簡単なもので構いませんので作成していただいて、持って来てもらえますか?」との依頼。了解する。
 どうやら、先日、提出した「入居申込書兼保証委託申込書*1」を見て、大家さんから反応があったらしい。家賃(値下げ)やフリーレント(家賃発生までの猶予期間)の件も、大家さんは前向きに検討してくださってるそう。良かった。

copyright © たられば書店 Tararebabooks.