読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



結婚記念日

 昨日、「町本会」から帰ってきたのは、3時AM前。すぐバタンQ。
 今朝、9時起床。明日の保育所まつりに向けての荷物積み込みのため、まずは守保連分。街宣カーのような市職員労働組合ハイエースに乗せてもらい、誰か(もちろん共産党擁立候補者)の選挙事務所跡みたいなところから、荷物の積み込み。
 その後、13時から、保育所に行って、荷物の積み込み。帰宅して、明日使用する備品の数々を手づくり。

 きょう、妻と息子は、「関西蚤の市」へ。
 徒然舎さんが出店してることを思い出し、妻に「大阪の、すべからくの妻です」とよろしく伝えておいてとメール。徒然舎さん、覚えていてくれたらしく、うれしい。
 きょうは、6回目(2008年結婚)の結婚記念日だった。妻が買ってきてくれたケーキを食べて、とりあえずお祝い。

f:id:subekaraku:20141018192758j:plain

copyright © たられば書店 Tararebabooks.