読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



思青書店

 きょう、今更ながら、「店名」、「屋号」について、考えてみた。
 「たられば書店」というのは、去年の7月に思いついた名前なのだけど、「思春期書店」というのや、同じような意味合いで「思青(しせい)書店」というのもいいなぁ、と。ものを考えるようになった、思春期の彼や彼女らに訪れてほしい、そんな書店にしたいのだ。でも、やっぱり「たられば」には替えられないか。

 昨夜(ゆうべ)、23時頃、就寝。3時AM目が覚め、そのまま眠れずに、浅野いにおデッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』読了。角田光代紙の月 (ハルキ文庫 か 8-2)』読み進めたり。

 8時前、朝食後、妻と息子を見送り、少し横になるも、眠れそうになく、洗濯、少し掃除。10時すぎ、M不動産のYさんから、明日、「古民家」で予定されている、K工務店の「寸法取り」の時間確認と、来迎町の物件についての電話。
 その後、ファザーリングジャパン関西の主夫友・Wさんから、「今度ランチ行きませんか?」とのお誘い。うれしい。27日に決定。

 13時、生活クラブ生協大阪の守口中央地区運営委員会へ出席するため、中央公民館までリトルカブに跨がって。Tさん欠席。
 会議中に、取次AのHさん、それからB社のTさんから立て続けに電話。これまでB社とは、東京本社のNさんと電話で話をしていたのだけれど、来週23日(木)、Tさんと直接会うことになった。
 16時前、帰宅し、夕食の準備。それから、息子のお迎えにS保育所へ。
 息子、秋晴れの夕暮れの下、なぜか傘をさして歩く。万代(スーパー)に寄って買い物し、北斗町児童遊園にて、少し遊んで帰宅。
 夕食後、片付けをしながら、息子が「妖怪ポッチ、見たい」というので、iPadをテレビのHDMIケーブルでつなぎ、huluで「妖怪ウォッチ」(第11話 妖怪ムダヅカイ/妖怪ムリカベ/コマさん~はじめての改札編~/予告! アイツが帰ってくる!)、それから、洗濯物を畳みながら今度はいっしょに、DVDで「パンダコパンダ [DVD]」を見る。
 見てると、だんだん眠くなってきたが、「柿を食べたい」という息子に、祖父母が持ってきてくれた大量の柿のダンボールのなかから、おいしそうなものを取り出し剥く。
 20時、妻、帰宅。妻が帰宅した途端、眠気がピーク。そのまま和室で寝てしまう。
 23時頃目覚めて、きょう運営委員会を欠席したTさんに資料送付と、新規加入者アンケートの送付依頼をメールで。

パンダコパンダ [DVD]

パンダコパンダ [DVD]

 明日は、いよいよ「町本会」@隆祥館書店。とりさんもやって来るはずなので、久しぶりにお話したい。

 取次との契約は相変わらず厳しいと思われるが、ここが踏ん張りどころ、諦めずに進めたい。進めるうちに、何か別の道が見えてくるかもしれないし。そのことを考えると、ほんとうに毎晩寝付きが悪い。

copyright © たられば書店 Tararebabooks.