読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



強気

 昨夜(ゆうべ)、1時前就寝、3度ほど目が覚めつつ、8時起床。
 昨夜、K工務店のTさんから電話があり、17日(金)の午前中、「古民家」の「寸法取り」をしたい、ということ。朝食時、そのことを妻に話をしていたら、妻は「それって、まだ物件に申し込みとか契約してないのに、『寸法取り』とかして大丈夫なん? その前後に、誰か別の人が申し込みしたら、なんのためにするのかわからんやんな。もう早く申し込みだけでもしてもたら?」と強気。また、K工務店だけじゃなく、A社にも見積もり出してもらった方がええんとちゃう?」と。その通り。
 きょうは、朝から、息子の通うS保育所で、保護者会。9時前、S保育所着。話し合いと、19日の保育所まつりの準備をして、11時前、会議終了。妻と息子の遊ぶ下島公園へ歩く。昼前まで公園で遊び、たこ焼きが食べたくなり、シェフカワカミへ「たこ」などの材料を買いに。Uさんと会う。Uさんの息子、我が家の息子と同学年のKくんは、御幸幼稚園へ願書を出したそう。
 昼、お腹いっぱいたこ焼きを食す。昼過ぎ、午前中、電話をかけていて不在だったK不動産のIさんから折り返し電話。17日の「寸法取り」の段取りをつけておいてくれるよう(物件内覧ができるよう)頼んでおく。朝、妻に言われたように「古民家」への「申し込み」についても、前向きに考えている、でも「あと一歩勇気が出ない」旨も正直に伝える。
 15時前~妻、息子と3人で昼寝。妻と息子は17時前に起きていたようだが、ぼくは18時すぎまで、長い昼寝。20時前、妻のつくってくれた栗ごはん、さんまの塩焼き、さつまいもの煮もの、となんとも秋らしいメニューの夕食。夕食を摂っていたら、外から、八雲神社の秋祭りのための笛太鼓の練習の音が聞こえる。息子は「お祭りー」と、喜んでおり、夕食後、階下の練習の様子を玄関の外まで出て、見に。
 秋だ。

copyright © たられば書店 Tararebabooks.