読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



であい・集まり

山下賢二『ガケ書房の頃』の夜

山下賢二『ガケ書房の頃』(夏葉社)を読んで。そして、4/3(日)に行われた刊行記念トークショー「ガケ書房のその前とその頃」に参加して。「できるもんなら、やってみろ」。

​ 美は唯闘に在り、ではなく。~「まちライブラリー」3年目の考察~

3/29(火)に開催された、シリーズまちライブラリーを振り返る 第3弾「なぜ本なのか? 本が持つ役割を考える」(礒井純充さん×兼松佳宏さん)に参加して考えたこと。まちライブラリーという活動とは何か? 「​Except in ●●,there is no more beauty.」。●●に…

エキスな週末

先週末に出会った(再会した)人やお店。中学時代の友人たちからのエキス、古書 善行堂・山本善行さんからのエキス、そして、只本屋に集まった若い人々からのエキス。40代を意識せざるをえない日々。

スタート・アット・チャバタケ

3/21に「たられば書店」としても、個人としても「一箱古本市」に初出展した、「和束町で、本をめぐる一日」。初めて訪れた京都・和束町のすばらしさ、そして本を通して出会った人々。さらに、夢と覚悟の距離。

併走する決意 ~「読読 よんどく?」・Nさんと~

本と本屋さんのポータルサイト「読読 よんどく?」の運営者の方とお話。

始めてしまった者勝ち

3/21(月・祝)に「たられば書店」として初参加する【和束町で、本をめぐる一日】の告知。 そして、この1週間のこと。

すずなり会、初参加

関西を中心に仕事で本に携わっている若手編集者・作家・書店員らのネットワークである「すずなり会」に初参加させてもらいました。 Tさんがお話してくださった台湾の出版・書店事情に驚愕!

copyright © たられば書店 Tararebabooks.