たられば書店 (仮称) 開業日誌

大阪・守口市に「まちの本屋」(たられば書店[仮称])を開こうとする試み

すべからく、こと、山本大介と申します。
大阪府・守口市近辺で本屋を開業しようと思っています。(今のところ)屋号は「たられば書店」。
日頃忘れてしまいがち/あきらめてしまいがちなこと、「もし、…し『たら』/きっと、…す『れば』」を叶えられそうな場所をつくりたいと思っています。

普段は4才の男の子の父親であり、現役「主夫」です。

いま、どんな本屋が求められているのか? ぼくはどんな本屋がしたいのか?
書店業にはほぼ就いたことのない、ずぶの素人ですが、そんなぼくが考え、実行する記録です。
※2014年12月以降、ずいぶん更新停止していましたが、再開しました。(2016.2.25~)

にちじょうごともちらほら書いています。にちじょうと本(屋)は地続きだと信じているので。



山下賢二『ガケ書房の頃』の夜

山下賢二『ガケ書房の頃』(夏葉社)を読んで。そして、4/3(日)に行われた刊行記念トークショー「ガケ書房のその前とその頃」に参加して。「できるもんなら、やってみろ」。

「ひなたブック」(箕面市)という地平

大阪・箕面市にある「ひなたブック」にて卒倒した経験。地元の人に求められ、地元の人に支えられる本屋とは? さらには、映画「仮面ライダー1号」について。そして、お花見。さいとうしのぶさんの絵本について。

I wanna be a 折れた情けの枝で死ぬ

2016年度スタートの1日。息子の入所式、古物商許可申請必要書類取得に奔走。浪花節、そして、ロックが流れて。

​ 美は唯闘に在り、ではなく。~「まちライブラリー」3年目の考察~

3/29(火)に開催された、シリーズまちライブラリーを振り返る 第3弾「なぜ本なのか? 本が持つ役割を考える」(礒井純充さん×兼松佳宏さん)に参加して考えたこと。まちライブラリーという活動とは何か? 「​Except in ●●,there is no more beauty.」。●●に…

エキスな週末

先週末に出会った(再会した)人やお店。中学時代の友人たちからのエキス、古書 善行堂・山本善行さんからのエキス、そして、只本屋に集まった若い人々からのエキス。40代を意識せざるをえない日々。

手を挙げた級友に

ブログ「いつか電池がきれるまで」を読んで考えた「もし万が一そんなこと思っていたとしても、言わないほうが、本人的には得ですよね」的なことと、絶賛礼賛社会。そして、速報。

あ、そうだ、たしか、たらればさん、ですよね!

「予定物件」である例の「古民家」との契約前段階、保証会社からの電話。そして、大阪の書店業界の「ひと筋の光」である、「本おや」さんこと「本は人生のおやつです!!」への訪問。

スタート・アット・チャバタケ

3/21に「たられば書店」としても、個人としても「一箱古本市」に初出展した、「和束町で、本をめぐる一日」。初めて訪れた京都・和束町のすばらしさ、そして本を通して出会った人々。さらに、夢と覚悟の距離。

併走する決意 ~「読読 よんどく?」・Nさんと~

本と本屋さんのポータルサイト「読読 よんどく?」の運営者の方とお話。

アーウィ!最低にして最高の道を行かう。

中村一義という「はじまり」について。高村光太郎「最低にして最高の道」。「Miitomo」はじめました。

たられば書店・開店第1弾イベント(勝手に)決定【山本善行×岡崎武志の『守口高校同窓会』、そして少し本のこと】(希望)

妻が「夢がひろがる」と言った「古民家」との1年3ヶ月ぶりの再会。そして、古本ソムリエ・山本善行さんの日記。

始めてしまった者勝ち

3/21(月・祝)に「たられば書店」として初参加する【和束町で、本をめぐる一日】の告知。 そして、この1週間のこと。

30年後もそこにある店 ~「金箔書房」(寝屋川市)へ~

たられば書店を開業するための「よすが(縁・因・便)」を確認するため、我が愛憎混濁する故郷・寝屋川市にある「金箔書房」へ。

すずなり会、初参加

関西を中心に仕事で本に携わっている若手編集者・作家・書店員らのネットワークである「すずなり会」に初参加させてもらいました。 Tさんがお話してくださった台湾の出版・書店事情に驚愕!

大阪から古本屋がすべて無くなるとして、最後に残る店 ~「一色文庫」(大阪市天王寺区)へ~

良質な本の選書をされている一色文庫を訪れた感想とレポート。「古本屋は『仕入れが命』」、もっとも基本で、おそらくもっとも難しいこと。

根を張る場所と帰る場所

瀧波ユカリさんからの返信へのお返事。「ku:nel vol.11『ミシンで、だだだ。』2005年1月1日号」、「下町に咲いた小さな店・母のミシンを踏みながら」を読んで。

コーヒーが好きなときに飲めるという生き方 ~「LVDB BOOKS」(大阪市東住吉区)へ~

ぼくが「たられば書店(仮称)」開業に向けて再始動させてくれるきっかけになった、「LVDB BOOKS」という場所について。

甘美期

瀧波ユカリさんのツイートについて考えたこと。

店主のいない火曜日 ~「誠光社」へ~

2/23 京都「誠光社」を訪れたレポート&感想。 「本屋の話はもうやめにして、本屋をはじめてみよう。」について。

息子への告白 ~「blackbird books」へ~

大阪・豊中にある古書店「blackbird books」へ行ってきました。 初めて息子に「お父さん、絵本屋さんになりたいねんけど、どう思う?」と訊いた夜。

とりあえず再始動(ほんとうはまだそこまで実感できていない)のお知らせ。これまでの整理。

もうこの日誌を更新しなくなって、1年以上経つ。 何にも言い訳はしたくない。何もかも振り出し。いや、それ以下か。 「新刊書店『たられば書店』を開業する」ことを目指して、2014年9月からやってきて約3ヶ月で撃沈。 このページでは更新しなかったけれど、…

現地調査

きょうから、12月。 雨。 午前中、先日、リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」で紹介してもらった、W社の現地調査。 久しぶりに訪れた「古民家」は、やっぱり、希望も絶望を兼ね備えている場所だと思った。 W社のNさんに、ざっくりとしたコンセプトや…

懐かしき町田

11/8*1、11/22*2につづき、参加した「これからの本屋講座〈第2期〉」(3回目)の感想、及び、旅の記録。* 11/29(土)。 朝、9時すぎ、起床。11時すぎ出発。 出発する直前、妻と公園に遊びに出かけようとしていた息子が、玄関の「扉止め」に体当たり(?)…

はやく良くなれ

昨日、リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」で見つけたW社と、妻が見つけてくれたH社に、問い合わせするも、どちらも担当者不在&電話がつながらず。 午後、M不動産のYさんから電話。今月末に予定していた賃貸契約締結が、K工務店の見積もり結果が2…

工務店探し

きょうもパラパラと雨。 昨日*1、古民家のリノベーションの見積もりが、さらに2週間延びるとK工務店のTさんから言われてしまったこと、それから、やっぱり、「相見積もり(あいみつ)」を取る必要があるだろうとも思い、リフォーム会社紹介サイト「ホーム…

2週間延期

久しぶりの雨。 午前中、JTBの予約センターに電話。12/12、上京時の新幹線を変更したい旨を伝え、11時前に東京着の列車を手配してもらう。 「これからの本屋講座」時に、内沼(晋太郎)さんに、某取次のKさんを紹介してもらい、どうやら12日の昼前にお会い…

著者と読者の間にある人はすべて『本屋』

11/8*1に引き続き、11/22(土)、参加した「これからの本屋講座〈第2期〉」(2回目)の感想、及び、旅の記録。* 11/22(土)。 前夜、寝付いたのが遅く、9時すぎ、起床。すでに食べ始めていた息子とともに朝食。 10時すぎ、妻と息子にベランダから手を振られ…

純なもの

昨日(11/20)、本籍地のある兵庫・加東市より、古物商申請許可に必要な書類のうちのひとつ*1、「身分証明書」が届く。 「住民票の写し」、大阪法務局でもらってきた「登記されていないことの証明書」、そして「身分証明書」。 これで、あと、警察で様式をも…

欲動

先日*1、書店開業についてメールで問い合わせた取次G社のSさんより、電話。 G社は「発売日などを気にしない絵本専門店などとの取引が多く、買い切り扱いの取次で、8掛け。新刊配本はできない」とのこと。雑誌もほとんど扱いがない、と。 「子どもの文化普…

登記されていないことの証明書

朝、7時すぎ、少し寝坊して起床。少し体調悪し。妻、息子も少し寝坊。大慌てで朝食。 妻と子を見送り、きょう、いっしょにランチに行くはずだった主夫友・Wさんに、「調子が悪いので、きょうのランチ、中止にさせてください」とメール。ランチの機会、何度…

古書店めぐり

朝、8時起床。息子とともに朝食。妻は風呂(昨日、入浴せず寝てしまったらしい)。 9時すぎ、妻と息子は、車で義父母のところへ出発。 ぼくは、その後、遅まきながら、箪笥の衣替えを済ませ、さっそく冬用のジャケットを着、リトルカブに跨がって、大阪古書…

大家さんからの反応

朝、8時起床。 午前中、昨日電話で問い合わせた取次F社のNさんより電話。 やはり「立地」そして「売上見込み」に難があるということで、「もう少し検討されてからまたご連絡いただきたい」とていねいなお断り。 夕方、M不動産のYさんより電話あり、「大…

古物商許可申請書

朝8時、寝坊して起床。 午後より、先月電話で問い合わせしていたが、その後連絡のなかった取次F社のNさんに電話。Nさんによるとすっかり担当者から電話をされたものだと思っていたようで、また電話していただくようにお願いする。 それから、これまた先月…

入居申込書兼保証委託申込書

昨夜、息子といっしょに21時前に寝て、0時起床。 それから、昨日のブログ(11/8の「これからの本屋講座」の感想&記録)をUPして、AM5時前就寝。 いろいろと迷ったけれど、facebookの個人アカウントでも、「たられば書店」を開業準備中だということを表明。 …

本屋であるためにこそ

11/8(土)、参加した「これからの本屋講座〈第2期〉」(1回目)の感想、及び、旅の記録。* 11/8(土)。 朝、8時起床。9時、S保育所の保護者会に参加。議案は、さほど重要なものはなく、15日〆切の保育所・保護者会アンケートの集計の方法やそのまとめ方に…

よすが

1週間近く、停滞気味。 なにやらいろんなことに決心がつかない。うにうにと日々を過ごす。 息子の咳はすぐに快方に向かい、今は元気そのもの。 きょうは、久しぶりに、京阪百貨店内の旭屋書店に行き、永江朗『(046)「本が売れない」というけれど (ポプラ新書…

紙質

昨夜(ゆうべ)眠れずに、AM3時ごろまで、布団のなかで、うにうにと。 朝、7:30起床。昨夜からひどくなっていた、息子の咳、なおいっそう繰り返し、咳き込んでいた。 妻と息子を見送り、洗濯と、少し掃除。 肌寒い秋空の下、リトルカブに跨がり、10時、K工…

「何物」でもない

朝、8時起床。 週末から週明けにかけて、いろいろとややこしいことが起こり、昨日から少し「うつ」。 家事・育児、全部妻に任せてしまう。それらから遠ざかり、自部屋で眠り続けた。 今朝、「このままでまたズンドコ生活に逆戻りだ」と、まず、昨日、電話を…

署名活動

朝、起きることができずに、そのまま昼過ぎまで就寝。 きょうは土曜日。仕事も保育所も休みの妻と息子が、午前中、しびれを切らせて起こしに来るも、なぜか目覚められず。諦めて、ふたりで公園に遊びに行った。公園先では、同じマンションに住む、同じ年頃の…

町の本屋の現実

朝、7:30起床。 昨日の気持ちの萎え(取次B社にていねいに、詳細に「難しい」と言われたこと)は、まだすごく胸のなかに残っており、ふて寝していても、1時間に一度は目覚めてしまう始末。最近、ほとんど、まとまった眠りなし。 ただ、何回か見た夢のなかで…

すべてが無理なのか

朝、7:30起床。 10:30、地下鉄谷町線守口駅改札前へ。取次B社のTさんより、携帯に電話がかかってきて「車が混んでいて、少し遅れそう」とのこと。 車なら、駅の改札で待ち合わせるより、物件(古民家)近くのコインパーキングで待ち合わせようと、提案させ…

棚をチューニングするということ

17日(金)の「町本会」(「町には本屋さんが必要です会議」Vol.16@大阪)@隆祥館書店でのこと。そろそろ忘れそうなので、覚えている限りのレポート。 その日の夜は、息子を妻に任せて、少し前に家を出て、久しぶりに上本町に行った。 上本町は、ぼくがサ…

小さな希望

朝、7時起床。まだ日曜の「保育所まつり」の疲れが残っており、終日ゴロゴロ。 島田潤一郎『あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)』読了。 島田さんの文学の「定義」がとても良かった。少し長いけれど、引用。 大学生だったぼくが文学に惹かれたのは…

本屋だったから。

昨日(19日)は、朝5時起きで、夕方まで「保育所まつり」に奔走。 好天のもと、子どもたちも親たちもみんな楽しそうだったので、何より。でも、帰宅したらクタクタで、そのまま夜までグッスリ昼寝(というか、夕寝)。 19:30から、マンション管理組合の理事…

結婚記念日

昨日、「町本会」から帰ってきたのは、3時AM前。すぐバタンQ。 今朝、9時起床。明日の保育所まつりに向けての荷物積み込みのため、まずは守保連分。街宣カーのような市職員労働組合のハイエースに乗せてもらい、誰か(もちろん共産党擁立候補者)の選挙事務…

万能感

昨夜(ゆうべ)、角田光代『紙の月 (ハルキ文庫 か 8-2)』読了。 銀行から1億円を横領した41才の女性の物語。ただ、事件を追うというよりは、主人公の彼女(梅澤梨花)に関わるものたちの「金銭感覚」のありようを描いている。現代に生きるぼくらの「金銭感…

思青書店

きょう、今更ながら、「店名」、「屋号」について、考えてみた。 「たられば書店」というのは、去年の7月に思いついた名前なのだけど、「思春期書店」というのや、同じような意味合いで「思青(しせい)書店」というのもいいなぁ、と。ものを考えるようにな…

ポストを置きたい

今朝、8時すぎ、昨日に引き続き、妻と息子が出かけるときに、起こされて起床。いったん7時すぎに目が覚めたはずなのに二度寝してしまった。 洗濯と軽い掃除して、10時すぎ、リトルカブに跨がって、蒲生四丁目にあるW不動産へ。 これまで電話で話していた営…

「やりたいこと」よりも、「なりたい感じのイメージ」を持て

昨日は、ちょっと何もかもに疲れて、一日中ふて寝。開業日誌の更新もお休みした。 そんななか、台風19号は、上空を通過。大阪は大きな被害が出ず(と思う)。 今朝、8時前、妻と息子が出かけるときに、起こされて起床。寝過ぎで頭がボンヤリ。 内沼晋太郎『…

「運・鈍・根」、古民家が!

奈良敏行・田中淳一郎『街の本屋はねむらない (現代書店業)』(アルメディア・1997年刊)を読んだ。 奈良敏行さんは、言わずとしれた、鳥取・定有堂書店の店主。これまで、『本屋図鑑』でも(イラストと文章で)、『BRUTUS特別編集合本・本屋好き (マガジン…

copyright © たられば書店 Tararebabooks.